小林源文氏の漫画「Cat Shit One」遂に映像化2009-04-09 00:53

鳥獣戯画って知ってますか?
あの絵のような劇画を描いている、
(実際は「幸福物語」がモチーフ)
知る人ぞ知る漫画家小林源文。
最近の代表作「Cat Shit One」(猫の糞1号)が
奇跡の映像化だそうです。もうヤヴァイです。

この方、かの小松崎茂先生の門下生、中西立太氏
上田信氏の流れをくむ劇画家・イラストレーターです。
1951年福島県生まれ。
生粋の2ちゃんねらー・・・汗、「萌え不要論者」

中学生の時、友人から教えてもらいました。
それからの大ファンです。
でも漫画は買わない派です。・・爆

以下ウィキペディアより
『Cat Shit One』では、登場キャラクターは全て
人間以外の動物で表現されている。
動物の種類はキャラクターの出身国によって分かれている。

* アメリカ人 - ウサギ (由来は米兵―USA GIから)
* ヴェトナム人 - ネコ
* フランス人 - ブタ
 (由来はフランス料理のトリュフを取るブタから)
* 中国人 - パンダ
* 日本人 - サルまたはゴリラ
* ロシア人 - クマ
* 韓国人 - イヌ
 (由来は韓国料理の「ポシンタン(犬鍋)」から)
* イギリス人 - ネズミ (由来は「砂漠のネズミ」から)
* オーストラリア人 - カンガルー もしくは コアラ
* ドイツ人 - キツネ
 (由来はエルヴィン・ロンメル元帥のあだ名
 「砂漠の狐」からと思われる)
* アフガニスタン人 - ヤギまたはヒツジ
* アラブ人 - ヤギまたはラクダ
* グルカ兵 - ヒツジ
* アルゼンチン人 - ウシ

小林源文公式ホームページ
http://www.genbun.net/index2.html

コメント

_ March ― 2009/04/16 12:39

「鳥獣戯画」ってこんな漫画なんですね。
本屋で特集を組んであって気にはなっていたんですが、買うまでの勇気は無かったんですよ。
結構好きな部類かもしれません。

日本人…やっぱサルかぁ。ゴリラはちょっといやだなぁ。

_ だういん ― 2009/04/17 23:25

Marchさん 乙です!
あくまでも「みたいな」ですから
似てない言えば似てないし・・・
小林先生は「デッサン至上主義」で
私には耳が痛いです。
先生のHP見てください。
かこいいですよ。
日本人はサルですが正確にはチンパンジーです。
みんなスーツ着て眼鏡してます。
「ジャパニーズ ビジネスマン ナンバー1」です。

Cat Shit Oneの3巻まではアメリカ人(ウサギ)が
主人公で、
Cat Shit One80という80年代編2巻は
ソビエト軍兵士で小熊の「ミーシャ」
(モスクワオリンピックかと・・小一時間)
・・・が主人公みたい。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://darwin.asablo.jp/blog/2009/04/09/4233611/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。